女性にはレディースキャッシング

ここからご記入ください。消費者金融には、女性のためのレディースキャッシングというものがあります。これは女性が融資担当者となってくれ、借金について話しにくいことでも同じ女性同士なら話しやすいということで設けられています。特にキャバ嬢や風俗嬢などで仕事のことを男性担当者に答えにくいことでも、女性なら腹を割って話せるというメリットがあるのです。さらに職場への在籍確認の電話も女性がかけるので、男性よりも不審に思われないというメリットもあります。

ただしレディースキャッシングを利用するにあたり、注意すべきこともあります。まずはレディースキャッシングだからといって、一般的なキャッシングよりも審査が甘くなったり、金利が優遇されることはないことです。レディースキャッシングは、ほとんどが消費者金融の行うサービスであり、総量規制の対象となるので、専業主婦の方は利用できません。また年収の3分の1までしか借りられず、収入の少ないパートやフリーターの方は融資限度額が低くなりがちです。

一方レディースキャッシングにも、30日間の無利息サービスがあります。初めてそのレディースキャッシングを利用される方なら、一般のキャッシング同様に無利息サービスを利用できます。もちろん即日融資が受けられるキャッシングなら、同様にレディースキャッシングでも即日融資が受けられます。

自動契約機での契約方法をお教えします

ここからご記入ください。最近は大手消費者金融や一部の銀行カードローンでも自動契約機で契約すれば、平日の夜や土日祝日の終日に即日融資が受けられます。そこで基本的な自動契約機の使い方をお教えします。

まず自動契約機の個室に入り、申し込み用紙に記入します。そして用紙をスキャナーでスキャンします。同様に本人確認書類や、場合によっては収入証明書類をスキャンします。たいていはタッチパネルの指示通りに行えば簡単に手続きできます。次に備付けの電話等でオペレーターとの確認のやり取りがあり、審査に入ります。審査時間は最短30分ですが、混雑していれば45分くらいかかるケースもあります。審査時間中も個室から出ずにそのまま待機する必要があります。審査通過後は契約書を作成し、カードを発行すれば完了です。だいたい60分前後で完了します。契約書とカードを受け取るので、自宅に郵送物が届かないというメリットもあります。

60分も待てないという方には、時短方法を紹介します。まずネットから申し込み、審査回答まではネットで済ませておきます。なぜなら自動契約機で最初から申し込み審査に落ちた場合、全くの時間の無駄となるからです。また審査まで完了していれば、あとは最終手続きとカード受け取りだけで自動契約機の営業時間ぎりぎりに行っても間に合います。

キャッシングは1つの会社に絞って利用しよう

現在日本には数え切れないほどのキャッシングが利用出来るようになっています。キャッシングは消費者金融や銀行、信販会社などで利用する事が可能ですが、様々なサービス展開をしているので、使い分けようとする方もいるのでは。しかしそれでは損をしてしまう場合もあるので注意する必要があります。キャッシングの特徴をしっかりと調べて、損をしない利用が出来るようにしましょう。キャッシングの基本的なことですが、利用するためには利息を支払う必要があります。利息は利用する金額に対して発生しますが、金利によって計算する事が可能です。

複数の消費者金融を利用した場合は、消費者金融ごとに利息を支払うことになるので、1つの業者から借り入れをするよりも多くの利息を支払うことになります。また複数の業者を利用して返済が厳しくなっている方を救うためのサービスとして、おまとめローンがあります。おまとめローンでは、借金を1つにまとめることで返済額を減らすことが可能になります。複数のキャッシングを利用する場合は利息をどのくらい支払っているのか十分に考える必要があります。複数のキャッシングも使い方によってはお得になる場合もありますが、基本的に消費者金融ごとに利息を支払うことになることを頭に入れておきましょう。

2つのキャンペーンがあるレイクはお得です

消費者金融から銀行カードローンへの切り替わったことで有名な新生銀行レイクは、銀行カードローンですから総量規制対象外です。元消費者金融という影響からか、金利は法定金利ギリギリですが、柔軟な審査に定評があるので銀行カードローンの中では申込みしやすいと考えられます。

レイクで行われているキャンペーンには、30日間無利息と180日間借入額のうち5万円部分まで無利息のどちらかを選べるので、借入残高が5万円以下になるまで半年以上かかるならば、180日間のキャンペーンを利用した方がお得になるでしょう。借入する計画次第で、キャンペーンを選べる姿勢からも消費者に寄り添った営業が行われていると実感出来ます。

レイクの審査を受ける際には、電話による勤務先への在籍確認が行われますが、勤務先の方針により電話対応が難しい場合には書面による在籍確認審査が出来ないか相談すると良いでしょう。機密保持契約を結んでいる会社ほど外部からの在籍確認対応に対して、無回答を貫くことが多いことはレイク側も知っているので、本人確認電話の段階で相談することで書面による在籍確認への切り替え対応をしてもらえる可能性があります。あくまでも在籍確認は、勤務先への勤務実態を確認することで安定収入があることを確かめるために行われます。事情次第では、柔軟な対応をしてもらえるレイクなら、安心して申込み出来るでしょう。

レイクは消費者金融でも総量規制対象外だが・・・

消費者金融の大手の一つとして挙げられるのはレイクであります。

このレイクは他の消費者金融とは違って総量規制対象がであります。

その理由としては、レイクは新生銀行の傘下にあり銀行が管理運営している消費者金融でありますので、

通常の消費者金融とは違って貸金業法の適用はなく、銀行業法の適用がありますので、総量規制の適用がないのです。

ですので、レイクではお金を借りる際には専業主婦や無職の方でも、他の家族の方が返済ができるというような場合には

借り入れが可能でるというわけです。銀行系カードローンとそのあたりは違いがないというわけであります。

年収の3分の1以上の借り入れも理論上はできます。

ただし、総量規制対象外であったとしても銀行系カードローンとは違って金利面は他の大手消費者金融と変わらない部分が難点です。

銀行系のカードローンと比べると金利は上限で4パーセントくらいは差がありますので、金利面では不利です。

ですが借り入れは消費者金融ですので、審査の通過率は銀行系カードローンよりもいいといえます。

レイクは銀行と消費者金融が合わさったような感じのところですが、総量規制対象外でありながら、

なおかつ借りやすいところですので、銀行では借りにくいなと感じる人は借り入れをしに行ってみるといいでしょう。

モビットを利用してお金を借りる時に心掛けておく点

モビットは金利が高く設定されているので無利息サービスがないので初回から利息が加算されていきます。それにより返済する時に負担がかかってしまうのでデメリットに感じてしまう人も多いですが、上手に利用すればそれほど問題ありません。そこでモビットを利用してお金を借りる時に心掛けておく点を挙げていく事にしましょう。

・必要最低限だけ借りるようにする

モビットは即日融資に対応しているのですぐお金を借りる事が出来るのがメリットになります。しかし金利が高く設定されているので借り過ぎてしまうと加算される利息も多くなり返済が困難になってしまう事もあります。上手に利用するには必要最低限だけ借りてなるべく利息が加算されないようにする事が大切になってきます。

・早めに完済する

借り入れをしてから返済するまでに時間がかかってしまうと加算される利息も多くなってしまいます。上手に利用するにはお金に余裕がある時は少しでも多く返済してなるべく早めに完済する事が大切になってきます。早めに完済してしまえば可算される利息も少なくなるので金利が高く設定されていてもそれほど気になる事はありません。

モビットを利用してお金を借りる時に心掛けておく点はこのようにあるのでしっかり確認してから申し込みをしましょう。

カードローンの金利の計算について

カードローンを利用する場合は必ず金利をチェックしておくことが大切になります。金利と聞いてもあまり理解していない方も多いのではないでしょうか。そのような曖昧な状態でカードローンを利用すると損をしてしまう場合もあるので、金利についてしっかりと学んでおく必要があるのではないでしょうか。

金利によって、借入に対してどのくらいの利息が発生するのか把握できることになりますが、計算が難しいと考えている方も多いでしょう。消費者金融では金利は1年間お金を借りた歳の年率をパーセンテージで表したものです。計算式としては「借入金額×年率÷365×借入した日数」になります。その答えが利息額になるということです。このような計算を自分で行うのが面倒な場合は、インターネットのサービスを利用すると非常に便利でしょう。インターネットでは簡単に利息を計算することができるサイトがあるので、キャッシングやカードローンの契約を行う前に、把握することができるようになります。カードローンの返済は、借入日数が少ないほど支払う利息も減ることになるので、お金に余裕がある場合はしっかりと返済するようにしましょう。

なるべく低金利のサービスを受けることができるようにすると、お得な利用が可能になります。

短期間での借り入れなら消費者金融のカードローンでも利息の無駄は無い!

都市銀行や地方銀行のカードローンは、低金利が魅力なことから借り入れ先の第一候補になります。しかし、審査が厳しいことから契約が出来ず、消費者金融から借り入れをすることになるケースも多くなります。消費者金融というと金利が高く、総返済額が高額になるというイメージが強いですが、少額の借り入れであれば、銀行カードローンとの差を埋めることが可能です。

例えば、10万円のキャッシングをする際、銀行で金利14.8%および消費者金融で金利18%を比較した場合、消費者金融の方が高くなるように感じます。しかし、1年間での利息は銀行で約8千円、消費者金融で約1万円にしかならず差額は2千円程度になります。ここに消費者金融の無利息サービスを加えることで、差額が約500円程度まで圧縮出来てしまいます。審査が厳しい銀行が大きく得をすると思いがちですが、たったワンコイン程度の差まで詰めることが出来てしまいます。

また、借り入れ金額が30万円とした場合でも、年間での利息差は約6千円程しかなく、これも無利息期間を活用することで約4400円分がお得になります。

結果として、消費者金融のカードローンでも1年間という返済計画を持つことで、銀行カードローンと遜色のないレベルまで利息の削減が可能になってしまうのが現状です。