カードローンの金利の計算について

カードローンを利用する場合は必ず金利をチェックしておくことが大切になります。金利と聞いてもあまり理解していない方も多いのではないでしょうか。そのような曖昧な状態でカードローンを利用すると損をしてしまう場合もあるので、金利についてしっかりと学んでおく必要があるのではないでしょうか。

金利によって、借入に対してどのくらいの利息が発生するのか把握できることになりますが、計算が難しいと考えている方も多いでしょう。消費者金融では金利は1年間お金を借りた歳の年率をパーセンテージで表したものです。計算式としては「借入金額×年率÷365×借入した日数」になります。その答えが利息額になるということです。このような計算を自分で行うのが面倒な場合は、インターネットのサービスを利用すると非常に便利でしょう。インターネットでは簡単に利息を計算することができるサイトがあるので、キャッシングやカードローンの契約を行う前に、把握することができるようになります。カードローンの返済は、借入日数が少ないほど支払う利息も減ることになるので、お金に余裕がある場合はしっかりと返済するようにしましょう。

なるべく低金利のサービスを受けることができるようにすると、お得な利用が可能になります。

短期間での借り入れなら消費者金融のカードローンでも利息の無駄は無い!

都市銀行や地方銀行のカードローンは、低金利が魅力なことから借り入れ先の第一候補になります。しかし、審査が厳しいことから契約が出来ず、消費者金融から借り入れをすることになるケースも多くなります。消費者金融というと金利が高く、総返済額が高額になるというイメージが強いですが、少額の借り入れであれば、銀行カードローンとの差を埋めることが可能です。

例えば、10万円のキャッシングをする際、銀行で金利14.8%および消費者金融で金利18%を比較した場合、消費者金融の方が高くなるように感じます。しかし、1年間での利息は銀行で約8千円、消費者金融で約1万円にしかならず差額は2千円程度になります。ここに消費者金融の無利息サービスを加えることで、差額が約500円程度まで圧縮出来てしまいます。審査が厳しい銀行が大きく得をすると思いがちですが、たったワンコイン程度の差まで詰めることが出来てしまいます。

また、借り入れ金額が30万円とした場合でも、年間での利息差は約6千円程しかなく、これも無利息期間を活用することで約4400円分がお得になります。

結果として、消費者金融のカードローンでも1年間という返済計画を持つことで、銀行カードローンと遜色のないレベルまで利息の削減が可能になってしまうのが現状です。