2つのキャンペーンがあるレイクはお得です

消費者金融から銀行カードローンへの切り替わったことで有名な新生銀行レイクは、銀行カードローンですから総量規制対象外です。元消費者金融という影響からか、金利は法定金利ギリギリですが、柔軟な審査に定評があるので銀行カードローンの中では申込みしやすいと考えられます。

レイクで行われているキャンペーンには、30日間無利息と180日間借入額のうち5万円部分まで無利息のどちらかを選べるので、借入残高が5万円以下になるまで半年以上かかるならば、180日間のキャンペーンを利用した方がお得になるでしょう。借入する計画次第で、キャンペーンを選べる姿勢からも消費者に寄り添った営業が行われていると実感出来ます。

レイクの審査を受ける際には、電話による勤務先への在籍確認が行われますが、勤務先の方針により電話対応が難しい場合には書面による在籍確認審査が出来ないか相談すると良いでしょう。機密保持契約を結んでいる会社ほど外部からの在籍確認対応に対して、無回答を貫くことが多いことはレイク側も知っているので、本人確認電話の段階で相談することで書面による在籍確認への切り替え対応をしてもらえる可能性があります。あくまでも在籍確認は、勤務先への勤務実態を確認することで安定収入があることを確かめるために行われます。事情次第では、柔軟な対応をしてもらえるレイクなら、安心して申込み出来るでしょう。

レイクは消費者金融でも総量規制対象外だが・・・

消費者金融の大手の一つとして挙げられるのはレイクであります。

このレイクは他の消費者金融とは違って総量規制対象がであります。

その理由としては、レイクは新生銀行の傘下にあり銀行が管理運営している消費者金融でありますので、

通常の消費者金融とは違って貸金業法の適用はなく、銀行業法の適用がありますので、総量規制の適用がないのです。

ですので、レイクではお金を借りる際には専業主婦や無職の方でも、他の家族の方が返済ができるというような場合には

借り入れが可能でるというわけです。銀行系カードローンとそのあたりは違いがないというわけであります。

年収の3分の1以上の借り入れも理論上はできます。

ただし、総量規制対象外であったとしても銀行系カードローンとは違って金利面は他の大手消費者金融と変わらない部分が難点です。

銀行系のカードローンと比べると金利は上限で4パーセントくらいは差がありますので、金利面では不利です。

ですが借り入れは消費者金融ですので、審査の通過率は銀行系カードローンよりもいいといえます。

レイクは銀行と消費者金融が合わさったような感じのところですが、総量規制対象外でありながら、

なおかつ借りやすいところですので、銀行では借りにくいなと感じる人は借り入れをしに行ってみるといいでしょう。