キャッシングは1つの会社に絞って利用しよう

現在日本には数え切れないほどのキャッシングが利用出来るようになっています。キャッシングは消費者金融や銀行、信販会社などで利用する事が可能ですが、様々なサービス展開をしているので、使い分けようとする方もいるのでは。しかしそれでは損をしてしまう場合もあるので注意する必要があります。キャッシングの特徴をしっかりと調べて、損をしない利用が出来るようにしましょう。キャッシングの基本的なことですが、利用するためには利息を支払う必要があります。利息は利用する金額に対して発生しますが、金利によって計算する事が可能です。

複数の消費者金融を利用した場合は、消費者金融ごとに利息を支払うことになるので、1つの業者から借り入れをするよりも多くの利息を支払うことになります。また複数の業者を利用して返済が厳しくなっている方を救うためのサービスとして、おまとめローンがあります。おまとめローンでは、借金を1つにまとめることで返済額を減らすことが可能になります。複数のキャッシングを利用する場合は利息をどのくらい支払っているのか十分に考える必要があります。複数のキャッシングも使い方によってはお得になる場合もありますが、基本的に消費者金融ごとに利息を支払うことになることを頭に入れておきましょう。

短期間での借り入れなら消費者金融のカードローンでも利息の無駄は無い!

都市銀行や地方銀行のカードローンは、低金利が魅力なことから借り入れ先の第一候補になります。しかし、審査が厳しいことから契約が出来ず、消費者金融から借り入れをすることになるケースも多くなります。消費者金融というと金利が高く、総返済額が高額になるというイメージが強いですが、少額の借り入れであれば、銀行カードローンとの差を埋めることが可能です。

例えば、10万円のキャッシングをする際、銀行で金利14.8%および消費者金融で金利18%を比較した場合、消費者金融の方が高くなるように感じます。しかし、1年間での利息は銀行で約8千円、消費者金融で約1万円にしかならず差額は2千円程度になります。ここに消費者金融の無利息サービスを加えることで、差額が約500円程度まで圧縮出来てしまいます。審査が厳しい銀行が大きく得をすると思いがちですが、たったワンコイン程度の差まで詰めることが出来てしまいます。

また、借り入れ金額が30万円とした場合でも、年間での利息差は約6千円程しかなく、これも無利息期間を活用することで約4400円分がお得になります。

結果として、消費者金融のカードローンでも1年間という返済計画を持つことで、銀行カードローンと遜色のないレベルまで利息の削減が可能になってしまうのが現状です。